banner

廃車の方法と預託金

廃車にする方法と預託金の仕訳に関して

自動車を所有されている方の場合では、現在ではリサイクル法が施行されたことによって、購入時や車検などを受ける際には、基本的に事前にリサイクル券というものを発行してもらうことになります。リサイクル券に関しては、廃車にすることを前提として、前もって廃車時に必要とされている必要経費を支払っていることになるために、リサイクル預託金とも呼ばれているものになります。仕訳に関しては、購入時に関しては単に預けているという形式になるために、投資その他の資産に分類することができ、消費税に関しては非課税の対象となります。

個人所有として自動車を持っている方の場合では、あまり大きく気にする部分ではありませんが、企業での社用車として利用している自動車全般や、個人事業などを行っている方が業務上で必要としている車両の場合では、仕訳を行うことが求められていて、しっかりと申告することが必要とされています。自動車の場合では、消耗品に属するものなので、長く所有することを希望していても、いずれは経年劣化というものが起きてしまうことになります。
また、劣化する前にも単に不用品となってしまったり、新車に乗り換えなどを行う場合では、廃車買取り専門業者を利用することも注目されています。
商用車の場合であっても中古車市場では常に需要があり、海外にも輸出されている車両も数多く目にすることができます。現在ではインターネットを活用することによって、古い時代よりも廃車買取りをスムーズに行うことのできるメリットが生まれています。例えばサイトによっては複数の業者が事前に登録を行っているものがあり、登録している業者によって見積もり額が提示されることになります。業者の中には営業車のようなスタイルの車両を探しているケースもあるために、車両の状態や廃車にするタイミングなどによっては高値で売却することも不可能ではありません。

そのためには事前に車両を綺麗にしておき、特に社用車の場合では車内の汚れなども綺麗に落としておくこともおすすめになります。無事に売却する企業を見つけることができた場合では、廃車手続きに進むことになりますが、その際にはリサイクル預託金についての仕訳方法が変わることになります。例えば単に廃車にした場合では、損金として計上することになり、消費税についても課税仕入れに計上することが一般的です。その一方で、買取りを行って売却が成立した方の場合では、預託金として処理を行うことが一般的です。”

Copyright(c) 2019 価値のある廃車を知って活用するための情報All Rights Reserved.